相続登記の必要書類

不動産の名義変更をしよう

ざっと用意するものだけで、何種類もの書類が必要となってきます。法務局や市町村役場などから手配し、用意することになるのではないかと思います。

メインイメージ

相続登記の必要書類

相続登記をすることが決まったら、正式な書類にて手続きをしなければなりませんね。

そのために用意しなければならないものがあります。

忘れないように用意していきましょう。

まず、亡くなられた人の戸籍謄本、亡くなられた人の住民票の除票、相続人全員の印鑑証明書、相続人全員の住民票、不動産などの固定資産評価証明書及び全部事項証明書、遺産分割協議書が必要となります。

ざっと用意するものだけでこれだけのものが必要となってきます。

法務局や市町村役場などから手配し、用意することになるのではないかと思います。

たくさんありますが、相続登記をするためには大事な書類となってきますので、きちんともれがないようにお手元に準備しておいてください。

戸籍謄本などは、市町村役場などに行って用意すればいいだけですが、遺産分割協議書というのは、兄弟などの相続人たちが話し合って作っていかなくてはならない書類になりますね。

なので手間もかかりますし、時間もかかりますから、用意するのが大変かと思いますが、きちんと準備しましょう。

なにか少しでもケアレスミスしてしまうと書きなおしになってしまうので、ちゃんとチェックしていってほしいなと思います。

Copyright (C) www.locationdevoituresaumaroc.com. All Rights Reserved.

不動産の名義変更をしよう